宮崎へ愛一郎ミッションに行ってきました!その3

こんにちは!

イベント21奈良本社CC(カルチャーコーディネーター)の坂上奈穂(さかがみなお)です!

 

 

さてさて、やっと「その3」ですね~~。

 

もうすぐ大っきい社内行事があるので、
それまでに宮崎出張ブログを終わらせます!!!

 

宮崎へ愛一郎ミッションに行ってきました!その1

宮崎へ愛一郎ミッションに行ってきました!その2

 

さぁ~~~

やっと設立総会のお話をします!!

 

 

設立総会、って言って、

宮崎県中小企業家同友会の中で、若い経営者だけの「青年部」っていうのを立ち上げはったんです!

 

この設立総会の記念講演を社長がするので、
その打合せのために、8月、奈良本社に来てくださっていました。

 

設立の中心メンバーは、その時にお会いした方ばかりだったので、
知ってる方が多くて、なんだか勝手に親近感がありました…!笑

 

おかげさまで、
思ってたよりリラックスできてたんかな~と思います!

 

 

愛一郎ミッションの目的の一つは、
社長講演を間近で聞くこと!

 

社長の話を聞く機会はこれまで何回もあったけれど、
また新しいことを知ることが出来ました!

 

というより、今まで知ってたことの隙間を埋めていくことが出来ました!のほうが近いかな。

 

講演内容の95%くらい、聞いたことのある話だったことに、
自分でびっくりしました(笑)

 

私この9か月でどんだけ知ってんねんって。笑

 

それだけ、普段社長が大事にしてはることは何回も言ってはるってことやと思います。

もちろんまだまだ知らないことばかりですが。

 

 

私がけっこう好きなのが、綱引きの話なんですが、

綱引きっていろんな方向に引っ張ると一番強い力が出せないですよね。
みんなで一斉に同じ方向へ引くからこそすごいパワーが出せます。

この時の引き方は自由です。引く向きさえあっていれば。
それが「多様性」や、って新卒研修合宿の時に知りました。

では、その綱を引く向きがどこなのか?
その引く向きが「理念(企業文化)」ってことはなんとなくわかってたんですが、

今回初めて理解できたのが、
引く向きを示すためにすることが「企業文化創り」だということ。

 

こうやっていろんな学びの場で、
自分の知識がばーーーっと一個に繋がるのが楽しい!!

 

他にも、コアバリューについてのお話も印象に残ってます!

講演会のとき社長が例に挙げてはったのが、
「感謝」というコアバリューについてやったんですが、

「感謝」が大事なのはみんな分かってる。と。

 

確かに。

 

イベント21では、感謝することだけではなく、
「感謝の気持ちを伝えよう!」っていうのを大事にしている。と。

 

伝えることができてこそ、
イベント21のコアバリューを体現できていることになる、
つまり、三方良しに繋がる、ということ。

 

これを聞いて、
なんかそれ聞いたことある!井藤さんが前に教えてくれはった気がする!
と思い出しました。

 

バラバラになってた記憶をギュッとまとめられた瞬間も楽しい!!!

 

っていうふうに、私も社長の講演を聞いて色々学べました!

 

坂上奈穂(なぁちゃん)を探せ。

 

講演のあとはグループディスカッション。

 

本日2度目です。お陰様で慣れてきました。笑

 

グループの中で絶対最初に発言するって決めて取り組んだグループ討論。

 

グループ長は予め決まっていたので、
発表者を決めるとき、やりたい!!って手を挙げてみました。

 

なんでかわからないけど、なんかできる気がしたんです。
場の力ってすごいですね。

 

今回のテーマは、
「自社を良くするために何に取り組んでいますか?また、これからどんなことをしていきたいですか?」です。

 

おお!!考えやすそう!!と思いました。

思っただけです。笑

簡単そうなやつに限って、奥が深くて難しいんです。

 

グループ、全員で6人やったんですが、
全員会社が違うので、様々な取り組みを知れて良かったです。

 

まぁ、「良かったです。」でグループ討論終われないので、(笑)

まとめると、何をしていくと良い会社になれるのか?を実体験に基づいて考えていきました。

 

私たちのグループで出た意見は、大きく分けて3つ。

社員の規則や制度を社員と一緒にゼロベースで創ること。
自分自身が学ぶこと。
現状に満足せず、会社も人も成長し続けること。

当たり前かもしれないけど、意外に行動しにくい3つだと思います。

 

こうやって討論した内容を、発表する時間がきました!!

 

発表の模様はまた明日!!
明日、続きのブログ更新します!!

では!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA