コアバリュー「挑戦」挑戦しない人生では、自分で自分のことを肯定してあげられない。

こんにちは!企業文化の推進を仕事とする、イベント21 CC(カルチャーコーディネーター)の井藤です!

最近後輩のCCたちがなかなか、エモーショナルなブログ投稿をしてくれているので、負けじ劣らずちょっと色々書いてみようかなと思います。笑

 

小さい頃から「物怖じしない子だね」と言われてきた人生だったように思います。もちろん、怖いことはたくさんあるので、もう別れるのが確定している彼氏へ別れ話するのとか超怖いし嫌だったし、バイト中、自分のミスでお皿割ったあと、店長に報告しに行くのもホンマに怖かったし、まあ、怖いことをあげればキリがないんやけど、まあ、でも、スリルがある挑戦は特に嫌いじゃなかった。

 

そんな性格は、就職してからも有り難いことに伸ばしてもらったなーと思っています。まず、CC(カルチャーコーディネーター)という部署の設立に挑戦させてもらい、出勤初日に次年度新卒の面接に立ち会うという経験もさせてもらった。(今から考えると意味不明。笑 でも、スタートダッシュってすごく大切やから、この経験が自分の根っこになってると思う。)

 

アニパ!という入社記念日をお祝いする文化も社内でつくらせてもらった。もちろん自分ひとりの力ではなく、社長や、当時の先輩たちにとても助けてもらいながらやけど…。

 

「ベトナム、行ってみたい人おるか?一緒にいこう!」

そうして社長から送られてきたメールに飛びついて、ベトナムに行かせてもらった。まだこの時入社3ヶ月。まさか海外で仕事することになるなんて!

中野兄弟と私。

 

この頃から社外で説明会とか、コアバリューセミナーとか、いろんなところに行くようにもなった。そうやって社外で知り合った会社さんのところへ会社訪問させていただくことも…。

 

外に出ると、自分が今まで見えてなかった世界がたくさん見れるからホンマにおもしろいんですよね。1年目にしては色んな所に行かせていただいたように思います。

 

他にもコンサルティング事業として、他社様の会議に入らせてもらったりもした。これも今となってはいい経験。

経営方針発表会では、最優秀賞をいただきました!色々挑戦させてもらった1年間でしたが、やっぱり自分だけの努力ではなく、周りのみんなからのサポートと、受け入れ力にとても助けていただいた1年目でした。 

 

2年目はクリエイティブ事業部という新規事業部の立ち上げに挑戦。いろんな現場に行きました!

社内で、1番「バリエーション豊か」な現場経験がある!と自信もって言えます(笑)結婚式場のPR、企業様の周年パーティ、タクシーメーター交換会、中国系展示会、ブロックチェーンイベント 等…

 

お客様対応には苦手意識がありましたが、この1年でグッと「お客様と一緒にイベントつくるのって楽しい!」という意識に変わりました。

 

出会う人出会う人、本当に面白くて優しくて、イベントに対して想いを持っていて…死ぬ思いで準備した現場も数しれず(笑)ですが、毎回終わったあとの達成感には何にも変えられないものがあります。イベント屋の醍醐味を経験した1年だったかな。

 

完全徹夜で参加した経営方針発表会も今ではいい思い出(笑)小杉さんとの司会は我ながら名司会だったと思う(笑)

 

3年目はやっぱり、大好きなザッポスに行けたこと!

年間を通してかなり忙しい9月にアメリカに行くことは少し気持ち的にも申し訳無さもありつつ…でも、本当に行ってよかった!自分たちの原点もしれたんです。

 

そして、奈良の拠点長就任!

最初は、色々と気持ちの整理がつかなくて、「どうしたらいいんや…」と泣いて周りを困らせたりしたこともありましたが、いまや拠点賞までいただけるような拠点にできたことをとても誇りに思う。

 

そして4年目、まだここでは言えないけれど、新たな挑戦をしようとしています。

 

なぜこれだけ挑戦するのか?

理由は様々です。

・新しい景色が見えるから
・人との出会いが増えるから
・自分の成長にも繋がっていくから
・諦めないでいれば何事も叶えられるって証明したいから
・おもしろそうだから
・挑戦して、1人でも多くの人の悲しみをなくしたいから
・一緒にいて面白い、魅力的な人でい続けたいから
・子供ができたときに「お母さんすごいね」って言ってもらえる人でいたいから

と、このあたりって結構皆さんも同じこと思ってるんじゃないかなと思って。
でも挑戦したいのにできないのには理由があって。
その理由を消し去るために、私は挑戦する時以下のことを心がけています。

・思ってるより周りに迷惑かかったりしないよ
 ⇒一時的に迷惑かけたとしても、将来的に見れば絶対迷惑にはさせない自信を持つ
・思ってるより周りからなにか思われたりしないよ
 ⇒っていうか自分の人生は誰も責任とってくれないなら、自分で意思決定しないと…。
・失敗だと思うから失敗で、失敗だと思わなければ失敗しないよ
 ⇒言葉どおり。失敗してもそこから改善して、結果良くなればそれは失敗じゃない。
・挑戦したことはきっと誰かが見てくれているよ
 ⇒誰かの挑戦するためのきっかけをつくったり、勇気を与えたりしているんです、知らないうちに。
・直感を大切にしたほうがいいよ
 ⇒直感で「あ、これやってみたい」と思ったことは大抵自分の人生において必要なことだから挑戦してみたほうが良い。
・自信は自分で手に入れるしかないよ
 ⇒自信がないから挑戦できません…って人いるけど、挑戦しないから自信がないだけ。自信は誰かからじゃなく、自分で手に入れるもの。

キレイ事ばっかり言いやがって、と自分で書きながら思ったりしますが、やっぱりこれが本当のところだと私はこの4年をもってして体感してきた。

 

だから挑戦しない人からの心無い言葉に気にする必要もないし、挑戦し続けている人の背中はきっと追い越せると思って追いかけるし、それに伴った努力もし続けなければならない。

 

また一つ、覚悟を決める時なのです。新たな挑戦をするときは。

 

覚悟を決める回数が増えれば増えるほど、頑張っている人の気持ちが分かるようになるし、サポートしてあげたいとも思うし、自分で自分のことを肯定してあげられると思う。こんだけ覚悟きめてやってるんだから、自分なら大丈夫って。

 

まだ見たこと無い、すごいこと成し遂げている自分が未来にいると思ったら、早く会いにいきたい。少しでも早く会って、幸せにできる人を増やしたい。シンプルに、挑戦したい理由はそれだけなんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA