オンラインでビブリオバトル開催!『君と会えたから…』

こんにちは!イベント21奈良本社CC(カルチャーコーディネーター)の坂上奈穂(さかがみなお)です!

今日はPCではなくスマホからブログを書いています!スマホからでも何でもできちゃうから便利😊

今日はですね、先日エデュケーション委員会主催で開催した「ビブリオバトル」についてお話ししたいと思います!

ビブリオバトルとは?

あっ、まず。

ビブリオバトルって聞いたことありますか??

「ビブリオバトル」は公式ルールがあるくらい日本全国いろんなところで開催されているイベントです!

発表参加者がオススメの1冊を持ち寄り、1人5分間でその本を紹介します。それぞれの発表のあとに、参加者全員でその本について2〜3分ディスカッションをします!全員の発表の後、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員(1人1票!)で行い、一番多く票を集めた本を「チャンプ本」とするイベント(ゲーム?競技??)です!!

小学校か中学校のときに、図書室で「ビブリオバトル」をやってるときがあったんですけど、当時の私はなんせ本がニガテでニガテで。参加するかしないか考える間も無く、興味ないの一言で終わってしまっていた気がします😂

今も本が得意か?と言われると全然ですが、学生の頃よりかは、ここ1年で確実に読書好きになっています🌟

私のオススメの1冊『君と会えたから…』

今回私は発表者として参加したんですが、紹介したのは、喜多川泰さんの「君と会えたから…」という本。

読書がニガテだった私が「本って面白いかも!」と興味を持ったきっかけの1冊です☺️

なんで本がニガテだった私がこの本は「読もう!」と思ったのか。

それは人から勧められたから。

すごく単純な理由😂

短大時代に約2年続けたアルバイト先の先輩に、自分がアルバイトを卒業するときに「社会人になるならこれ読んでみたら?」とオススメしていただいたんです。

バイト先で最初は用語も何も分からず、ぽんこつ発揮しまくってた私に最後には、こんな本までくれはるなんて…!(しかも、お手紙まで添えていただいて…!!)という感動から、この1冊は読んでみようという気になりました。笑

で、読んでみたら、ほんっとうにおもしろくて感動する場面もあって、あっという間に最後まで読めちゃいました👏

あんまり内容話すとネタバレになっちゃうので塩梅が難しいんですが、高校生の僕のもとに現れた女の子が「人生を変える教え」を伝えてくれる、というお話です。

「あぁ!なるほど!そういうモノの見方ね😳」と思わされる教えばかりで納得しながら読み進められました!

仕組みやコツが羅列されていてそれを解説しているわけではなく、本全体で一つのストーリーになっていて、そこからストーリーの流れに沿って自分にとって響く部分を読み取っていくようなカタチなので想像力も活性化する気がします!🤔💭

自分が先輩から紹介してもらってこの本読んでみよう!って思ったからこそ、このビブリオバトルの場で自分からこの本を紹介できて良かったです😊

本から広がるコミュニケーションの輪

数日後、まさかの副産物が…!

ビブリオバトルで私が「君と会えたから…」を紹介したのを社内チャットを見て知ったそうで、社内SNSの「book」でメッセージを送ってくださった方がいました😳

東京支店のSさんからのメッセージです🌟

私もこのメッセージをいただいて、この本のこと知ってる方いてはるんや!って嬉しい気持ちになりました😊

こうやって「オススメの本」からコミュニケーションの輪が広がっていったらもっと良いなぁって思いました!

本を読むようになってから、いろんな考えを知れるのが楽しい!って思えるようになったり、本を紹介することを通してその先のコミュニケーションに気付けたりと自分自身の成長も感じられました📘

やっぱり人の声で紹介されると、どの本も読みたくなりますね☺️

今回のビブリオバトルで紹介されていた本、どれも読んだことがなかったんですが全部読んでみよう!って思いました📚(単純!笑)

では今日はこのへんで!

以上、3代目CCの坂上奈穂でした🌼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA