サミット、委員長、クリエイティブ合宿に次期CCが密着!

はじめまして!企業文化の推進を仕事とする、イベント21 4代目関東CC (カルチャーコーディネーター)の尾高良美です!

入社前のインターン中で初のCCブログです!

今回は1/7~1/9に行われた、サミット、委員長、クリエイティブ合宿に内定者にも関わらず参加させていただいたのでその様子をお届けしたいと思います^^

まずどの合宿にも共通して言われたことは、「この合宿を通して視座を高めてほしい!

視野は横幅で多くの物事・人があることの認知、視座はその表面上だけでなく内側までしっかり理解を深めることです。

まず最初にはじまったのはサミット合宿。

目的共有「視座を高め合い、三方良しでアメイジングなhappy!を増やす!」をきちんと共有し意味理解を深めた上で本気本音で意見を言い合いました。

会社がもっと成長するために今必要な最重要戦略を話し、1人1人が責任をもつ主体者となり、それを達成させるために明確なビジョンをつくっていきました。

グループディスカッションをした後、それぞれが発表する様子
夜はみんなでご飯。その後は部屋の飲みトークも!

サミット合宿で私が感じたことは

①サミットメンバーの方々の話の引き出し方がすごい!(視座の高さを感じました)②リーダーやサブリーダーそれぞれの役割理解の重要だということ。③話す人が変わる度に新しい気付きがある。
(同じ話でも話す人が変わる度、別の視点でどんどん深堀りされていく面白さを感じました)

学んだことは

①ビジョンは明確にしないと意味がない。②行動計画をやりきるの意味や順序について。



2日目のお昼からは委員長合宿です!

14もある委員会の次期委員長が集い来年度のビジョンを明確化させていきました。

委員会がなくなったらイベント21はどうなる?

それに加えて、改めて委員会の存在意義について話し合いました。

どのグループも共通していえることは「委員会がなくなったらイベント21でなくなる」ということです。委員会がイベント21の重要な文化だと感じました!

また、「ボードトロッター」という会議や進捗確認のしくみを変える新たな取り組みについても話しました。営業や施工、WEBやCC等それぞれの仕事にプラスして委員長として委員会をどう進めるか。なかなか難しいと感じつつ、やはりその委員会がないとイベント21ではいられないため重要な任です。



最終日3日目のお昼からはクリエイティブ合宿です!

少数精鋭で「イベント21の未来の創造に挑み続ける」ことで世界を変える事業部です。

ここでも、やはりそれぞれ普段の仕事がある中でプラスで行っていることに驚くほどに重要で大変なことばかりだと思います。その中でもいかに足を止めずに進めるか、そのために必要なビジョンであり合宿であることを感じました。

企画、運営、デザイン、コンサル、集客、プロモ、講演、海外

それぞれの事業部での去年までの反省点と目標を照らし合わせながらビジョンをたてつつ、担当じゃない事業部にも目を向け「クリエイティブ事業部」全体が一丸となっている雰囲気を感じました!



以上、3つの合宿のお話でした。長々と読んでくださった方、ありがとうございます!

それぞれの合宿で雰囲気も違い、同じ話でも視点が変わり、すべてに参加させていただけたのはとても良かったと感じています。

また、内定者次期CCとしてたくさん発言の機会や注目していただくことがあり、同じく4代目関西CCの石垣さんと「緊張する…!」と常に言い合いながら多くを学ばせていただくことができました。

学びと他に1つ得たことは、石垣さんと来年度私たちはこうしていきたいねと話し合える仲間になれたことです。性格が真逆!とよく言われる私たち2人でイベント21を支えるCCとなっていきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA