チルドレン委員会で地域のお祭りに出店してきました!

こんにちは!企業文化の推進を仕事とする、イベント21 CC(カルチャーコーディネーター)の井藤です!

  

昨日は土曜日でしたが、出勤をして、イベント21の奈良本社がある香芝市の夏祭りに出店をしていました!

 

チルドレン委員会が考えた「地域の子どもたちと触れ合う」プロジェクト!の1つです。

 

チルドレン委員会とは、名前の通り「子供」に関わる委員会なのですが、

こういった形で、お祭りの出店などを通じて、子供とコミュニケーションをとったり、

学校に授業をさせてもらうことによって、未来の宝たちに「働くことの面白さ」「楽しさ」を伝えたい!と日々頑張っている委員会です。

 

夏真っ盛り、なお天気の元、みんなで「射的」と「輪投げ」をしました!

18:00スタートでしたが、17:45頃からどんどん行列ができ、最初の1時間は全く息をつく暇がないくらいの忙しさでした・・!(やっと余裕ができたときに撮影した写真)

 

沢山用意していたチケットも早々と売り切れ、景品もなくなってしまって「ごめん…チケット売り切れてん、ごめんな…」と言わなければいけない事態に…。(もっと買っておけばよかった!こんなに人気なんて…!)

 

香芝の子どもたちと触れ合って、改めて子供って素敵だなーと思いました。しかも、みんな個性が豊か。

例えば景品選び1つとっても、かなり吟味して選ぶタイプもいれば、2つ欲しがるタイプもいるし、「え~全然ほしいものない!」と受け取らないタイプもいるし、速攻で決めちゃうタイプもいる。あと、お母さんが選んじゃうタイプとか。

 

おとなになると「迷惑かかるから早く選ばなきゃ」とか「ほしいものない、なんて失礼なことを言うのはいけない」とか、そんな風に勝手な「常識」というものが働いて、なんとなく画一的になってしまう。

 

けど、子供はそんなことないんですね。それがめちゃくちゃおもしろい。

 

ただ景品を受け取ってもらうだけでなく、私達からのメッセージカードも一緒に同封してお渡ししました。

子供たちにも、そしてお父さんやお母さんにもなにか伝われば良いなー…。

 

そして最後は花火大会!

10m先くらいに花火の打ち上げ場所があり、こんな至近距離で花火の打ち上げを見たのは初めてでした…!!!!

先輩のカメラで撮影してもらったきれいすぎる花火…!

 

みんなで一つのものを見上げながら「すご~い!」とか「おぉ~!」という声を上げられる花火というものは、なんだか一体感があっていいですね。

 

この間おんぱら祭りの花火を全然見られなかったので、花火を見たい!という気持ちは満たされました…笑

 

最後はみんなでハイチーズ!大阪支店でインターンをしてくれているMくんも一緒に手伝いにきてくれました!

 

なかなかこのメンツが揃って運営、っていうのも珍しいな笑

 

また一つ、良い経験と、良い思い出ができました!

イベント21の大切にする、三方良しの一つ、「世間よし」をとても体感できたこのお祭りでした。

Twitterに花火の動画等々も上げてますので、そちらもよかったらぜひ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA