ベトナムのカルチャーとビジネスに触れた5日間の出張③

こんにちは!イベント21 CC(カルチャーコーディネーター)の井藤です!

 

さてベトナム出張第3弾!長々と毎回すみません、でもそれくらい書きたいことがいっぱいなのです!

 

ベトナムの人と話す。


この出張で勉強になったことの1つに、現地の人と話すことができたことが挙げられます。

カンさんが、私たちに紹介したいと連れてきてくれた人たちです。

 

皆さんそれぞれベトナムで働かれている方で、ベトナム人にとっての「働く」とは?を知ることができました。

 

例えば、ベトナムの旅行会社で働くPさんは、働くのは

「家族のため、そして自分自身の成長のため」と言っていました。まさに、コアバリュー「成長」!仕事を通じて成長しようとする心はベトナムも共通なのですね!とても嬉しかったです。

コンサル会社で働くNさんは、働く目的は「次の世代のため」、恩送りの概念を語ってくれたのです!

これほどに嬉しいことってあるのでしょうか。

アオザイショーでディレクターをしているHさんも、自分の仕事に誇りを持っているんだ!という強い意志を感じ、

また日本にアオザイショーを持ち込みたいという「挑戦」の姿勢を見せてくれました!

 

海を超えたベトナムでも、私達の大切にしている「コアバリュー」と同じように、仕事において「心」「価値観」を大事にしている人たちに出会えました。

めっちゃ嬉しい。本当に嬉しい。

 

日本食はうまい!


「俺はな、もうな、日本食が食べたいねん!」

と言い始めた社長と東日本エリアマネージャーSさん。

初日からベトナムの料理が身体に合わなくて、お腹を壊していたSさんにとっては念願の日本食。

足早にメニューを注文して、同じポーズで料理が出てくるのを待つ2人。

 

本気で食べる2人。社長はどんぶり2つ注文。

Sさんは悟りました。「日本食は素晴らしい、日本は素晴らしい場所だ」

そんな風に思えるのもベトナムに来ることができたからでしょう。

外を知って、改めて自分の立ち位置を知ることができる。

日本の素晴らしさを再認識することができる。

 

他にも、この日は各自自由行動をしたりして、ベトナムの街並みを見たり、買い物をしたり、食べたりしました。

アジアですが、フランス建築が町中にあふれているのがベトナム。息を呑むような素敵な風景が広がっています。

 

あっという間にお別れ


楽しいベトナム出張もあっという間に最終日。最後のミーティングを終え、ビアガーデンのような場所でディナー。

最初はベトナムの文化にカルチャーショックを受けていた東日本エリアマネージャーのSさんもこの黄昏ぶり。笑

このベトナム出張でどんなことが勉強になったか、それぞれ共有しました。

 

実際にベトナムの風に触れ、文化に触れ、人に触れ。

毎日が刺激的、そして感動の連続でした。

今まではベトナムにオフィスがあることは知っていても、どこか、なんとなく他人事に思っていた自分がいたし

海外の事業についても何も知らない自分がいました。

知識が少ないのは今も同じですが、明らかにベトナムに行く前とは気持ちが変わりましたし、ものの見方が変わりました。

 

もっとイベント21が海外展開できる会社になって、もっと世界の人と繋がりたい。

すごい人達にいっぱい出会いたい。多様なものの見方ができる人になりたい。

もちろん私だけではなく、イベント21社員の皆で。その素晴らしい景色がみたい。

 

入社数ヶ月で、こんなおもしろい出張に同行できたこと、大変嬉しく思います。

ベトナムのカンさんとはすっかり仲良くなって、別れ際はすごく寂しかった。

こうやって違う国でも頑張ってくれている仲間がいると思うと、更に仕事頑張れます。

 

さて、今日も1日、止まってなんかいられません!

もっといい会社をイベント21は目指します。

 

 

長々とベトナム出張レポートにお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA