インターンシップフェア!緊張のスピーチと素敵な学生との出会い!

こんにちは!イベント21 CC(カルチャーコーディネーター)の井藤です!

 

週明け、私は久しぶりに寝坊しかけました。と、いうのも、昨日仕事で大阪にいたのですが、

パワー全開で頑張りすぎたため、家に帰ってベットにダイブ、化粧を落としたかどうかの記憶もなければ、電気も消さず爆睡していました。

今朝寝苦しさで目が冷めたら、なかなかの時間!急いでお風呂に入って出勤しました(笑)

 

インターンしたい学生集まれ!インターンシップフェア


そんな昨日、私は大阪で何をしていたのかというと、インターンシップフェアです!

インターンがしたい学生と、インターンを受け入れしたい企業とのマッチングイベントだったのですが、私もプレゼンターとして参加していました。

このイベントのシステムとしては、

 

最初に企業ごとに2分間のプレゼンタイム → 気になった企業のブースで説明会 → 行きたい企業への面談希望シート提出

 

という流れです。

私が今回担当させていただいたのは「2分間の企業プレゼン」

最初時間を聞いた時びっくりしました、2分しかないの!?と。笑

ついついいつも話が長くなってしまうタイプの私なので、2分で話し切る自信はありませんでした。

 

珍しくプレゼン原稿を用意して、出番直前まで原稿を読み込んでいると…

 

イベント21のインターンコーディネーターをしてくださっている、「ならゆうし」のHさんが

緊張している私を心配して、歩み寄ってきてくれ、

「何を言うかより、どんな雰囲気で話せるかだよ!」とアドバイスをくれました。

 

確かに。2分間で言えることはたかがしれてる、だったらイベント21にはこんな人がいるよって

自分が代表して見せることに全力を使うべきではないのだろうか。

 

と、背中を押された気持ちになりまして、全力でプレゼンしてきました!

 

その結果、約60名ほどの参加者の中から、計26名がイベント21のブースに遊びにきてくれましたよ!

わ~い!やった!

 

皆さん真剣に話を聞いてくれて、イベント21のことにもすごく興味を持ってくれました!

やっぱり「イベント」の仕事っていうのは学生にとっても憧れで、一度はやってみたいようです。

 

一緒にこのフェアに参加したwebのKさんや、以前イベント21でインターンをしてくれていたIくんなども

ブーストークでは熱く語ってくださいました!

 

経験だけでなく勉強を


このブーストークは前半後半に分かれており、前半担当だった私たちは後半は他の企業さんのプレゼンやブーストークを見学させていただきました。

 

「自分自身がインターンでこの会社に入社したんです」

という社員さんが来ている企業さんもいて、プレゼンの方法が圧巻。。

学生の心をがっちり掴んでいるなー!というのがとても印象的でした。

 

他にも、「インターンをしようと思うくらいの意識の高さを持っている学生たちだから

スティーブ・ジョブズの言葉が刺さる学生が多いんじゃないかと思って」

と、スティーブ・ジョブズの名言を資料として使っている企業さんがあったり…

 

「普段よくインターンの受け入れをしているので、インターン生の悩みや壁も含めて

全部フォローしますよ、という強みがあります。」

と言っていた企業さんもいたり…

 

皆さんアピールポイントが多種多様です。

 

イベントの最後には、

「今日参加した皆さんに、勘違いしないでほしいことがあります。このフェアに参加しただけで、成長した気持ちになっているかもしれませんが、そうではありません。今日ここに参加し、行動に起こして(インターンに参加して)こそ、成長なのです。」

と、企業の方からのメッセージもあったりなんかして、とても面白かったです。

(こんな煽られたら学生さんも思わず飛び込んできちゃうだろうな~なんて。。)

 

学生に対する自社の魅せ方というのは、心得るべきだな、と非常に勉強になった1日だったのでした。

 

そして、昨日家に帰ってから判明したのですが、なんとすでに4名も面談希望者がいるそうです。

まだ増える可能性もありますよ、とのこと。

まずは先に「ならゆうし」の方との面談ですが、また新しく、おもしろい学生さんと一緒に働けそうな予感です♪

 

追伸

来ていた他の企業さんで、ポップコーンの販売を主に行っている株式会社Dreamsさんから

ポップコーンいただいちゃいました!今日は皆で食べました!

ごちそうさまでした!ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA